たらこの生態
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 空白 | main | 誤解 >>
詩人
評価:
ランボオ
岩波書店
¥ 483
(1970-09)

たらこです。
毎日最低一冊フェア。

ALI PROJECTとか、いわゆる耽美系が好きな人でこれを読まないのはナシだろう。
とか思っているくらい基本書だと思っています。まんまなタイトルの曲もあったことですし。
訳者さんや版によって結構雰囲気は違うと思うのですが、文庫版はやはり入手しやすいので。
岩波クラシックスのものが、手にしたときのサイズといいすきなのですが。
腺病質で憂鬱な気質の文学少年の作、という印象が強いのですが、とにかく色彩の表現がめまぐるしく、描かれる妄想の質が高いことといったら。
キリスト教国家で、厳格な教えのもとで生まれつつもその教えに懐疑してしまう葛藤、とかはさすがに共有はできませんが、何か手の届かないところが痒いようなもどかしさは読むたびに覚えることができます。

原文を探すべきなのか。
たらこでした。

スポンサーサイト
COMMENT